2004/10/07

デジタルショートアワード「600秒」

東京国際ファンタスティック映画祭2004にてデジタルショートアワード「600秒」コンペティションの一次審査を「だるまさんがころんだ」が通過しました。
「1秒の可不足も不可。正確に600秒の作品」ということで、まるでスポーツの試合のようなコンペティションです。制限は大きいのですが、その分色々楽しめました。

投稿者 HIKO


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://arakakimovie.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/10