2004/11/27

地道な努力の積み重ね

撮影は開始したとはいえ、役者を使った撮影は12/2から。それまでに演技を仕上げなければいけません。しかも、難易度が高いうえに撮影期間は1日だけ。かなり追いつめられてます…。
なにかと時間の無い中でみな一所懸命に練習を重ねていきます。プロの役者では無いのですが、やはり地道な努力の積み重ねで、かなり上手になってきました。この分だと意外とサクサク撮影できそうです。あとは完成まで突っ走るのみ!

投稿者 HIKO | トラックバック

2004/11/26

クランクイン!

地道に準備を続けてきた「13回目のイヴ」がクランクインしました!
この物語の舞台はエレベーター。密室の中で繰り広げられる恐怖の体験。ということで、うまくタイミングもあったのでエレベーターの撮影からスタートです。

この日は丁度エレベーターの点検日だったので、点検員さんに全面協力していただきました。感謝! エレベーターが地下へもぐっていく様子を、内部から撮影。こんな絵はなかなか撮れないので貴重な体験でした。このカットがあるのとないのとでは説得力が違うんですよね。

投稿者 HIKO | トラックバック

2004/11/23

動きながらの練習

今日は子役がメインの練習日。実際に動きをつけながらの演技練習でした。
座って台詞を言うのは慣れても、実際に動いてみるとその半分も力を出せなかったりするので、この動きながらの練習は重要です。やっぱり声が小さくなったり、棒読みになってしまったりと苦戦していましたが、何度か通して練習しているうちに調子がでてきたようです。

そして、前回やったのとは違うシーンの練習も。
新しい台詞と新しい演技に戸惑っていましたが、さすがに慣れてきたのかこのシーンは飲み込みが早かったです。まだムラはありますが、本番までにはどうにかなりそう。
父親と母親役の役者もきて一緒に練習していましたがこちらは心配なさそうです。

本番まであと少し。
衣装合わせやロケハンなど、やること山積みで目が回りそうですよ。

投稿者 HIKO | トラックバック

2004/11/22

13回目のイヴ

「ウチ、クリスマス、大っきらい」

そんな言葉から始まる、新垣映画組合の新作。
「だるまさんがころんだ」に続き、RBCの特番で12月下旬に放送予定です。ただいま大急ぎで製作中。

昨日も公民館の一室を借りて演技練習。放送まで日がないので、練習にも熱が入ります。
監督の演技指導のもと、体当たり演技(文字通り)で演じてくれる女優さん。のみこみが早いので監督も乗ってどんどん高度な演技を要求。それにしっかり応えてくれるので、本番は安心して撮影できそう。
その反対側では子役がセリフの暗記中。

まるで学習塾の一角のようでほほえましい。
ものすごく良い演技をしてくれるときもあれば、単に棒読みになってしまう時もありで、なかなか大変。ムラはあるものの、光る演技をしてくれるので、やっぱり子どもと一緒にドラマを作るのは楽しいです。
その分、何かと大変なんですけどね。


■今日の名言
『演技は、自分に対してやるものではなく、TVの向こうの視聴者に見せるためにやるもの』

投稿者 HIKO | トラックバック

2004/11/18

リニューアルオープン

お待たせしました。
ようやく新垣映画組合のサイトがリニューアルオープン致しました。心機一転、これからも作り続けていきますので、応援よろしくお願いします。

まだ過去のデータは移行していませんが、徐々に移植していきますのでお待ち下さい。

投稿者 HIKO | トラックバック

2004/11/16

練習開始

12月下旬のRBCホラー特番に向けて役者も決まり、昨日は初練習。演技は初めてということなのですが、なかなか上手い。そして器用にこちらの指示を吸収して演技をしてくれる。
納品まで時間の無いせっぱ詰まった制作工程なので、役者の演技力が一番の心配だったんですが、これならどうにかなりそうだ。お互いがんばりましょー。

投稿者 HIKO | トラックバック

2004/11/02

ダブル受賞

東京ネットムービーフェスティバル2004の一般部門にて「だるまさんがころんだ」が「ネットオーディエンス賞」と「審査員特別賞」をダブル受賞いたしました。

授賞式の様子

投稿者 HIKO | トラックバック